2005年05月14日

アレクサンダー大王―未完の世界帝国/創元社

 HOME資料 ⇒ この記事


アレクサンダー大王―未完の世界帝国 「知の再発見」双書
ピエール ブリアン (著), 福田 素子 (翻訳), 桜井 万里子 (翻訳)

★★★★★

絵画や彫刻、発掘された武具など、
古代ロマンな気分増幅アイテム多数。
カラー写真が非常に多く、どのページからでも読みはじめやすい。
まだ拾い読みなので一度通して読んでみたい。
アレクサンダーファン(?)になったらぜひ持ちたい一冊というやつかもしれません。

巻末の「アレクサンダー大王年表」も便利。
posted by アウラ at 04:09 | TrackBack(0) | 資料

2005年03月31日

アレクサンドロス大王の軍隊―東征軍の実像/新紀元社

 HOME資料 ⇒ この記事



アレクサンドロス大王の軍隊―東征軍の実像
オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ
ニック セカンダ (著), Nick Sekunda (原著), Angus McBride (原著), 柊 史織 (翻訳), アンガス マックブライド


絵を描く資料に良さそうだと思って購入。
届いたら懐かしい気分に。図解がたくさんあって学生時代の歴史の授業で使った「資料集」みたいな雰囲気。
面白いのが騎兵隊のくさび型隊形や、4個縦隊による隊形など戦闘時の隊形を表している図。
指揮官がどこにいるのかとか、上級の人たちはどこに配置されるのかを知ってふーーんんとさりげなくロマンに浸れます。

マントのつけかたも図解されてます。
ひじょーーーにわかりやすい。
一枚の布まきつけるのにも、マケドニアやテッサリアでやり方が違う。
そしてさすが紀元前、日本では縄文時代ってことで裸同然です(笑)

カラーイラストページではさまざまな騎兵や兵士たちが衣装を違えてカラフルに登場。
参考になります。
posted by アウラ at 01:34 | TrackBack(0) | 資料

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。