2005年07月27日

幻想皇帝―アレクサンドロス戦記第1巻/角川春樹事務所

 HOME小説[読了→感想アリ] ⇒ この記事

幻想皇帝―アレクサンドロス戦記〈第1巻〉
荒俣 宏 (著)


3冊のうちの第一巻。読み始めました(7/26)。

日本の織田信長に、宣教師ルイス・フロイスが、アレキサンダーについてを語る。
信長とアレキサンダーの共通点を見出していくフロイス。
アレキサンダーを「歴山」として興味深く耳を傾ける信長。


・・とこんな感じで始まりますが、かなり読みやすいです。
アレキサンダー大王のアニメの原作です。
(そういえばアニメの感想の詳細アップするの忘れてた)
アニメを観た感じだとSFファンタジー色が強かったので原作では
どうアレンジされているのか興味深いです。

電車で人を背にして読むには憚られるような描写有(笑)
アレキサンダーの母、オリンピュアスの密儀の描写がものすごいです。(ディオニュソス)

メモ
・フィリッポスの目の傷の原因は、密儀中の蛇を葬ろうとして受けた傷。

(2005/07/28)幻想皇帝1追記

読み終わりました。なんと読みやすい!
アニメとはかなり違いました。神秘的な部分はありますが、
SFっぽいところはまだみられず。
しかし描写が残虐な部分が多く、想像すると空恐ろしい。

オリンピュアスの密議、エウリュディケの子供を殺すところ
アレクサンドロスが密議を初めて視てしまうシーンは強烈。
これを映像にしたら・・・R指定間違いなしです。

信長とフロイスの最後のやりとりも何だか刺激的です。
二巻ちょろっと読み始めましたが、なんと、今度は明智光秀が出てきます。
posted by アウラ at 11:04 | TrackBack(0) | 小説[読了→感想アリ]



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2887665
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。